日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

スゴイカラダ

「口がくさい!」は唾液減少が原因?

1日に1.5Lも作られる唾液は加齢やストレス、病気で減少してしまう

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

唾液、つば、よだれ─ いろんな呼び名があるけれど、もとは一緒。口の中に分泌される、あの液体です。〝汚いもの〟として扱われがちですが、実はお口のにおいを抑えるのに大事な働きをしています。唾液をいっぱい出すには、よく噛むこと。それが、口の中をキレイに保つ基本なのです。

 人体が分泌する液体は、尿、涙、汗などいろいろとあるけれど、その中で感覚的に最も嫌われているのが、「唾液」かもしれない。「唾棄」(つばを吐き捨てるように、捨てて顧みないこと: 広辞苑)なんて言葉もあるぐらいだし。

 でも、同じ液体が“よだれ”になると、「垂涎」(あるものを非常に強くほしがること:同)という表現になるわけで、これならそんなに嫌な感じはしないかも。

 まあ文学的な意味はさておき、体が働くうえで、唾液は何をしているのだろう。東京歯科大学教授の角田正健さんに聞いてみよう。

 よく噛むことで においの原因菌が抑えられる

 「唾液が1日にどのくらい作られるか知っていますか?」と角田さんは話し始めた。答えはなんと1.5L。500mLペットボトル3本分にもなる。

 この量は、1日に作られる尿の量とほぼ同じだという。もっとも、尿は体外へ排泄されるのに対して、唾液は大部分飲み込んで回収されるので、水分のロスは唾液のほうがずっと少ない。

 唾液を作るのは、口の周りにある三つの唾液腺。ものを食べたりおしゃべりをすると、ここから唾液が出てくる。どこから出る唾液も中身はほぼ一緒だ。 「1.5Lという量は平均値。かなり個人差があります」。一般に若い人ほど量が多く、年を取るほど減少する。ストレスや、糖尿病のような病気の影響で減ることもある。

図1◎ 唾液を作る「唾液腺」は口の周りに3カ所ある
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について