日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

スゴイカラダ

体脂肪はただのぜい肉ではなかった!

脂肪細胞はエネルギー代謝の調節係、だが肥大化するとメタボの原因に

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

お腹の周りにくっついた「体脂肪」は、たいてい嫌われものです。でも、ちょっと聞いてください。体脂肪は、決して悪いヤツじゃありません。本当は働きものです。悪役にされてしまったのには、それなりの事情があるのです。

 体脂肪は「余計なぜい肉」と見なされることが多い。気分的には同感だけど、体のしくみをひも解いていくと、体脂肪は必ずしも〝余計な存在〟ではないという。むしろ、体がきちんと機能するうえで、非常に重要な働きを担っている。

 「そう。近年の研究で体脂肪のイメージは一変しました。ただのぜい肉じゃないですよ」と話すのは、同志社大学スポーツ健康科学部教授の井澤鉄也さんだ。

食欲や脂肪の燃焼を脂肪細胞がコントロール

 体脂肪は、「脂肪細胞」という特殊な細胞の集まり。この細胞は、内部に脂肪をストックする袋(脂肪滴)を備えており、ストックが増えるにつれて細胞もぐんぐん膨らむ。一般的な細胞の数百倍まで巨大化することもある。

 「でも、脂肪細胞は単なるエネルギー貯蔵庫ではありません」。脂肪細胞にはもう一つ、「ホルモンを分泌する」という重要な仕事がある。例えばレプチンというホルモンは、脳に働きかけて食欲を抑える。アディポネクチンは、糖分や脂肪の代謝を活性化する。

 「脂肪細胞のサイズが健全な範囲にあれば、脂肪細胞が大きくなるとホルモン分泌量も増えます」。するとレプチンが食欲を抑え、アディポネクチンの作用で脂肪がよく燃える。その結果、太り気味だった脂肪細胞は小さくなる。

 つまり、余った脂肪を蓄える一方で、蓄えが多くなってくれば、食欲や代謝を調節して備蓄を吐き出す。脂肪細胞は全身のエネルギー収支の司令塔役なのだ。やるなぁ!

図1◎ 本来、脂肪細胞は働きもの
ホルモンを出し、代謝を調節する
[画像のクリックで拡大表示]

 でも、そんなしくみがちゃんと働いていれば、誰も太り過ぎに悩まないはずでは?

 「これは“健全なサイズの範囲内”の話。一度ここを踏み越えてしまうと、まったく様子が変わってしまうのです」

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について