日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > スゴイカラダ  > ストレスを感じた時に体の中で起こること
印刷

スゴイカラダ

ストレスを感じた時に体の中で起こること

ストレスに対抗するために分泌されるホルモンとは?

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

イライラしたとき、ついこんな言葉が口をついてきませんか?「あ〜ストレスがたまるっ!」。そんなとき、あなたの体の中で起こる変化をのぞいてみましょう。体は懸命に対応していますが、そのやり方は、現代の社会では空回り気味なのかもしれません。

ストレスを感じた時に体の中で起こること/江田ななえ/スゴイカラダ
(イラスト:江田ななえ)

 今の世の中、ストレスと無縁の人はいないだろう。ラッシュアワーの電車、街の騒音、ご近所や職場の人間関係、仕事のプレッシャー…実にさまざまなことが私たちの心と体を逆なで、日々のイライラをつのらせる。そんなとき、私たちの体の中では何が起こっているのだろう?

 「ストレスは、体内の“平穏”を乱すもの。それに対応して体の中では、防御反応が動き出します」。こう語り始めたのは、東北大学大学院教授の井樋慶一さんだ。


ストレスホルモンは「万能薬」どんなストレスにもこれで対応

 一般にストレスというと、嫌な上司の小言など精神的なプレッシャーになるようなものごとを思い浮かべる人が多いだろう。でも医学的には、体内の平穏を乱すものをすべてストレス(正確には「ストレッサー」)と呼ぶ。だから、例えば暑さ、飢え、有害物質、ウイルス感染なども、嫌な上司と同列に、ストレスとして扱われる。

図1◎ 「ストレス」はいろいろ。でも対応策はだいたい共通している
「ストレス」はいろいろ。でも対応策はだいたい共通している/スゴイカラダ
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.