日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

スゴイカラダ

緊張するとドキドキするのはどうして?

自律神経の働きは呼吸のリズムに合わせて変化する

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

ピリピリ、イライラしているとき、体は興奮します。だから心臓がバクバク、息も荒れています。逆に、心が落ち着いているときは、心臓もゆったり。筋肉もふーっとゆるみますね。こんな変化を演出するのが「自律神経」。体の司令塔は、人知れず、奥の深~い働きをしているのです。

(イラスト:江田ななえ)

 こんな経験はないだろうか。大事なプレゼンやスピーチの前、心臓がドキドキして治まらない。あるいは、偉い人やあこがれの人物に会うことになり、緊張のあまり声が震えて止まらない─。こんな状況を作り出しているのは「自律神経」だ。

 神経のうち、私たちが自分の意志でコントロールできないものを「自律神経」と呼ぶ。「冷蔵庫や炊飯器を自動制御するマイコンチップのようなものです」と、名古屋市立大学大学院教授の早野順一郎さんは話す。

  「“もっと心拍を早めなきゃ”などと考えなくてもそうなるのは自律神経のおかげ。でも、意志でコントロールできないために悩まされることもあります」

呼吸のリズムに合わせて心拍スピードが変化している

 悩まされる話はいったん置いて、まず自律神経の賢い働きぶりを体験してみよう。リラックスして、手首の脈を取り、ゆっくり呼吸する。「吸うとき」と「吐くとき」で、心拍のスピードがかすかに変化するのがわかるだろうか?

 「安静時の心拍数はだいたい1分間に60~70拍なので、平均すれば1拍=1秒ぐらい。でも厳密に測定すると、0.9秒から1.1秒ぐらいの間で揺らいでいます。息を吸うときに早まり、吐くときは遅くなるのです」

 「呼吸性心拍揺らぎ」と呼ばれるこの現象は、自律神経の作用で起こる。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、前者は体のいろいろな機能を加速(興奮)、後者は減速(鎮静)させる。いわばアクセルとブレーキだ。

 自律神経の働きは、呼吸のリズムに合わせて変化する。吸うときは交感神経が、吐くときは副交感神経が優位になるため、それに合わせて心拍スピードも変化するわけだ。

図1◎ 脈の速さは呼吸に合わせて変化する
脈の速さは呼吸に合わせて変化する
[画像のクリックで拡大表示]

 この揺らぎは、肺呼吸をする生き物全般に見られる現象だという。「犬は揺らぎがとても大きい動物で、息を吐いているときは心臓がほとんど止まってしまうほどです。おもしろいのはカエル。エラ呼吸のオタマジャクシは揺らぎませんが、陸に上がると揺らぎ始めるのです」。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について