日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

スゴイカラダ

眠りは脳にどう影響しているか?

眠っている間に脳を休ませ、「メンテナンス」をしています

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

人間は、人生の約3分の1を眠って過ごします。寿命を80歳とすれば、約27年も眠るのです。こんな膨大な時間を費やして、カラダは何をやっているのでしょう。もちろん、大切な仕事があるのです。

春眠暁を覚えず

 春眠暁を覚えず。朝寝が心地よい季節ですが、皆さんはよく眠れていますか? 眠っている間、脳の中では何が起きているのだろう。眠りと脳の研究の草分け的存在、東京医科歯科大学名誉教授の井上昌次郎さんにじっくりと聞いてみよう。

 「眠りを最も必要としているのは、大脳です」。井上さんはこう話し始めた。大脳は、人間の知的活動を支える中枢。生き物の進化でいうと、ほ乳類や鳥類の繁栄とともに発達した“新しい脳”で、ヒトにおいて特に発達している。私たちがものを考えたり言葉を話したりできるのは、高性能の大脳のおかげだ。

 だが大脳には、弱点もある。連続運転に弱いのだ。「ずっと働いているとオーバーヒート状態になり、誤作動が増えます」。確かに、寝不足のときは何かとミスをしやすい。だから睡眠という「メンテナンス」が必要になる。

眠りの最初はメンテナンス、終盤は目覚めの準備をする

 メンテナンスを担当するのは、脳幹。脳の奥のほうにある、より〝古い脳〟だ。脳幹の指令によって、大脳は眠りにつく。「大脳は“眠る脳”、脳幹は“眠らせる脳”といえます」。

 大脳が眠っている間、脳幹は不寝(ねず)の番を続ける。眠りの状態を管理する必要があるからだ。

図1◎ 大脳を眠らせる「睡眠中枢」は脳の奥深くに宿る、原始の脳「脳幹」にある
眠る脳と眠らせる脳
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について