日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

スゴイカラダ

聴覚の老化は耳の中の「ハゲ」が原因!?

高音の聞こえにくさに年齢が出る

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

耳を澄ますと、鳥のさえずりや木々の梢が風にそよぐ音が、聞こえてきます。そんな音が聞こえるのは、耳の中に宿るしくみが、しっかり働いてくれているから。え、それが「ハゲ」と何の関係があるかって? さてそれは、読んでのお楽しみ。

 耳が何をやっているのかは、もちろん皆さんご存じだろう。「音を聞く」のが仕事だ。

 音は、空気を震わせて伝わる波の一種。電車のガード下に行くと、ゴーッという音とともに窓ガラスがびりびり震えるが、あれは騒音の空気振動が、ガラスを揺さぶっているわけだ。「音を聞くしくみも原理は一緒。鼓膜が、空気の振動で揺り動かされるところから始まります」

 こう切り出したのは、慶應義塾大学耳鼻咽喉科の教授で、聴覚が専門の小川郁さん。

 鼓膜は、耳の穴(外耳道)の奥に張られた膜。直径8~9mm、厚さ0.1mmほどの膜が太鼓の皮のようにぴんと張られている。この膜が空気の振動に共振して、音をキャッチするという。

 「だから空気のない真空中では、私たちは音を聞けないのです」

 なるほど。でも音うんぬんの前に生きていけない気もします…けど、それはともかく。

 鼓膜が捉えた振動は、耳小骨という小さな三つの骨を介して、その奥のカタツムリに似た器官へと伝わる。「蝸牛」と呼ばれるこの装置が、聴覚の主役だ。

図1◎ 耳の奥にある“かたつむり”が音を聞き取る装置
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について