日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

お父さん注目! 子供の前で「懸垂」ができない意外な理由とは?

握力、肩回り・腕回りの筋力、引きつける動作の強化がカギ

 中野ジェームズ修一

「腹筋でお腹は凹むの?」「バランスボール、断食、サウナはダイエットに効くの?」……メタボが気になる中年男性の“ぽっこりお腹”を解消すべく、卓球の福原愛選手など日本を代表するトップアスリートの個人指導を行うパーソナルトレーナーの第一人者、中野ジェームズ修一氏が熱血指導する!

運動していても懸垂ができなくなったのは何故?(©Maxim Safronov/123RF.com)

 「子供と公園で遊んでいるときに鉄棒で懸垂をやってみたら、若いころはできたのに全くできなくなっていた」という話をよく聞きます。みなさんもそんな経験、ありますでしょうか。

 しかし、どうしてできなくなってしまったのでしょう。みなさんが思い浮かべるのは、体重が増えたことではないでしょうか。学生のころと比べたら、随分と体重が増えてしまっている方も多いと思います。

 もちろんそれも原因のひとつではあるのですが、実はそれだけではありません。日常的に運動をされている方、昔と比べて体重が増えていない方でも、懸垂ができなくなった方はいらっしゃるはず。では、どんな原因が考えられるのでしょうか。

原因(1)握力が弱っている

 まず大きな原因として挙げられるのが、「握力が弱くなってしまっている」ことです。普段ウォーキングやランニングなどをされていても、握力をまめにトレーニングされている方はそれほど多くないはずです。知らず知らずのうちに、加齢とともに握力が衰えている方は少なくありません。

 懸垂攻略への第一歩として、握力のトレーニングから始めてみましょう。握力はスポーツショップなどで売られているハンドグリッパーを使って、手軽にトレーニングできます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について