日経グッデイ

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 引退後初レースで流した、現役時代とは違う涙

第1回おかやまマラソンで8年ぶりにフルマラソン完走!

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 この連載でも度々お伝えしていた「第1回おかやまマラソン」が、去る2015年11月8日に開催され、1万3000人以上のランナー参加の下、大成功のうちに閉会しました。

 初開催に向けて主催者の皆さんと共に準備を始めたのは、実に4年前。岡山出身者として、そして元ランナーとして、コース設定などのお手伝いをさせていただきました。そして、本番当日は、2007年の引退レース以来となるフルマラソンに私も参加しました。

 当初、5時間半で完走できればいいかなと思っていましたが、いざスタートしてみると、途中で何度も立ち止まり、ヨロヨロになりながらも4時間46分32秒というタイムでゴール。その瞬間、自然と涙が溢れ出てきました。それは現役時代に流した涙とは全く違うものでした。

「晴れの国おかやま」の底力? スタート直前に起こった“奇跡”

 大会当日の天気予報は、全国的に雨模様。岡山は以前から、「晴れの国おかやま」というぐらい晴天率の高さが有名です。それなのにマラソン初開催の大事な時に限って雨なんて…。スタッフは半ば開き直って、「晴れの国で雨に遭遇するなんて、貴重ですね!」と冗談を言い合うしかありませんでした。

 ところが大会当日、朝から断続的に降り続いた小雨はスタート直前で上がり、レース中は全く降らず。そして大会が終了し、係員が備品などを撤収した後に、ザーッと本降りになるという奇跡が起こりました。さすが「晴れの国おかやま」。青天を願う心を裏切りません。

雨上がりの岡山市街を走り抜けるランナーたち。(写真提供:おかやまマラソン実行委員会事務局)
[画像のクリックで拡大表示]

 スタート時の気温は15~16度程度で、少し蒸し暑いぐらいでした。私は薄手の長袖のシャツと少し長めのハーフタイツを選び、シューズは現役時代のような薄いソールのものでなく、分厚くもない薄くもないものを履きました。目標はタイムではなく、あくまで完走。練習がほとんどできていなかったので、極力足に負担がかからず、しかし重すぎないシューズが妥当だと思いました。

 何しろ8年ぶりのフルマラソンです。これまで仕事で5~10kmなどの短い距離の大会に参加し、ジョギングペースでゆっくり走ることはありましたが、日常生活では結局、ほとんど練習することができませんでした。「練習しなければ!」と思いつつ、日々の忙しさに追われ、結局実現できたのは、エレベーターを使わず自宅のマンション内の階段を上り下りするのみ…。

 仕事ではハイヒールを履きますので、家で5本指のソックスを履いて足の疲れを取り、足裏の筋肉をほぐしたり、ストレッチをしたり…。大会1週間前は、胃もたれするような油物は極力控えて、和食をメーンとしたご飯をお腹の中に入れましたが、心がけたのはこれぐらい…。この連載では読者の皆さんにフルマラソン前の準備などを散々ご紹介してきたのに、最低限の準備しかできず、お恥ずかしい限り。決してマネしないでいただきたいです(苦笑)。

街の中心からスタートし、中心に戻ってくる贅沢なコース

おかやまマラソンのコースマップ(大会ホームページより)
[画像のクリックで拡大表示]

 話を大会に戻しましょう。おかやまマラソンの開催にあたって、準備段階で一番苦労したのは、コース設定でした。

 おかやまマラソンは、街の中心部から出発し、ゴールで再び中心にある岡山県総合グラウンド陸上競技場に戻ってきます。参加者にとって競技場でのゴールは、国際大会に出場するトップランナーの気分を味わえる、とてもうれしいもの。ただ、スタート地点もゴール地点も街に中心に置く大会は、国内外においてほとんどありません。多くが中心部からスタートし、中心から離れた場所でゴールします。もしくは郊外からスタートし、中心部でゴールするパターンです。

 その理由は、スタートもゴールも街の中心部に置くと、交通規制をかける時間がそれだけ長くなり、街のあらゆる機能に支障が生じるからです。しかも、岡山はバス便が充実した街なので、7時間半以上もメーンストリートの交通を止めることは、“住民の足”にも大きく影響します。

 街には大型商業施設や病院もあり、特に病院前の交通を止めるのは難しい問題でした。しかし、主催者側は県警や各公共機関と何度も交渉や相談を重ね、関係各所の多大な理解と協力のもと、街の中心から中心に戻って来るコースを実現させました。

レース中に違和感を覚えたら立ち止まる勇気を!

 スタート地点は、体育館前の道路の4車線を全て使ったので、ランナーの姿で埋め尽くされた眺めは壮観でした。号砲が鳴ってトップのランナーがスタートし、約1万3000人以上のランナーがすべてスタート地点を通り過ぎるまで10分もかからないスムーズな出だしとなりました。

 参加者の中には、大会スポンサーであるクロスカンパニー石川康晴社長の姿もありました。私も「有森裕子」と名前が入ったゼッケンを胸と背中につけ、ハイタッチしたり、手を振ったりしながら多くのランナーたちと一緒に走り出しました。

 自らがコース設定にかかわった、幼いころから慣れ親しんだ地元の道を走るのは、想像以上に興奮するものでした。桃太郎大通りなどの広い道を走るのは爽快で、自然とペースも上がります。当初は1km6~7分のペースで走ろうと思っていたのに、気がつけば、1km 5分のペース。「ペースを落とさなきゃ…」と気づいた20kmを過ぎた時点で、「あっ」と脚にきました。脚が動かないのです。一旦止まって、屈伸するなどして脚をほぐし、再び走り始めました。

 走っている途中に立ち止まると、もう走れなくなるのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。私も確かに屈伸をしてしゃがみ込んだ時に「あ、立ち上がるのがつらい…」と思いましたが、やはり脚が痛いと思ったらすぐに、勇気を持って立ち止まることは大事だと思いました。もう走れない状態になってしまったら、完走はできませんが、立ち止まってしばらく休み、またゆっくりと走り始めれば完走はできるのです。

コース最大の難所、30km過ぎの大橋で立ち止まる

 30kmを過ぎると、このコースの最大の難関である岡南大橋に差しかかります。一気にやってくる高低差20mのアップダウンは、非常につらい…。橋の上で再び立ち止まり、思わず給水所の机にもたれかかりました。疲労のピークがきたようで腰から脚までに力が入らず、脚が前に出ません。この辺りのエイドは、地元のラーメンなど岡山の名物が食べられるので、できるだけ口にしようと思っていたのですが、それどころではありませんでした。

 しばらく休んだ後、少し前傾姿勢になりながら再び走り出しました。足裏もつりそうになりましたが、足先をぐっと外側に向けることで回避。現役時代の経験と知恵を生かして、トラブルにも冷静に対応することができました。

岡山の美しいロケーションを再発見!

 20km過ぎからは1km6~7分ペースで走りましたが、とにかくつらかった…(苦笑)。しかし実際にランナーとして走ってみることで、新たな発見がたくさんありました。それは地元・岡山の美しさや素晴らしさです。

 コースを設定する時、「秋になると殺風景で何もないだろうな…」と思っていた場所が、驚くほど美しく色づいた紅葉の景色に。その予想以上のロケーションに思わず「岡山ってきれいじゃん!」ってつぶやいてしまうほど。

 さらに沿道では、驚くほどの地元の方々の声援。いくつかの学校付近を通過するようにコースを設定したので、そこに通う学生が応援してくれたり、ボランティアに参加してくれたり。美しいロケーションと、たくさんの地元の方が喜んでくださっている姿を見て、心の底から喜びが湧いてきました。

(写真提供:おかやまマラソン実行委員会事務局)

苦しかったゴール直前のハイタッチ

 「有森さん! がんばれー!」

 ゴールに近づくにつれて声援は大きくなり、とてもうれしかった…のですが、申し訳ないことに、その時の私はハイタッチする元気もなく…(笑)。「ハハハ…」と苦笑いしながら手を挙げるのが精一杯。何とも無愛想なランナーだったと思います。

 いつもランナーの皆さんには「ゴール付近では笑顔でハイタッチしましょう!」なんて話しているのに、実際にランナーの立場になってみると、「みんなこんなつらいのにハイタッチしてくれていたのか…」と思いました。

 隣についてくれる救護ランナーの方に「大丈夫ですよ! 有森さん」と励まされ、ヘロヘロになりながらも「前へ、前へ」と自分に言い聞かせながら、一歩一歩地面を踏みしめるようにゴールへ向かいました。

 そしてゴールした瞬間、自然と涙が溢れてきました。それは、完走できたから…というよりも、岡山が力を合わせて一つになったような気がしたから

 この大会を実現させるために、県警や地元の人々が最後まで諦めずに動き、地元企業も商品を提供するなどのサポートをしてくれました。たくさんの人がボランティアとして参加してくれて、沿道では多くの声援を送ってくれました。

 今回の参加者のうち、初マラソンのランナーは約3割でした。その半分が岡山県民。つまり、中国地方最大規模のマラソン大会であり、陸連の公認コースであり(この公認を受けるためにいろいろな苦労もありました)、何よりも地元開催だからこそ、「走ろう」と思ってくれた地元ランナーがたくさんいてくださったのだと受け止めています。これは本当にうれしいことでした。

 主催側にとっては初開催ですから、“心配”しかなかったと思います。しかし、主催する側、応援する側、出場する側といった様々な立場から岡山の人たちが1つになって、地元での初開催を成功させてくれたような気がします。あらためてマラソン大会の素晴らしさや開催地にもたらす影響の大きさを感じました。

マラソン大会は関わる人が全員主役

 レース翌日、私はお世話になった県警や協賛企業にお礼を伝える機会をいただきました。するとある企業の社長さんがこんなことをおっしゃってくださいました。

「マラソンには勝ち負けがない。完走した人がすべてが勝者なんですね。感動しました」

 さらに言えば、マラソン大会は、関わる人全ての人が主役になれると思います。常にランナーの立場になる必要はなくて、抽選で外れたときはボランティアに回って参加すれば、大会運営の大変さややりがい、ランナーとはまた違った感動が味わえます。支える側、支えられる側の両方を経験することで、大会に出場することがさらに面白くなると思うのです。

 時々、運営側の不手際に文句を言っている市民ランナーも見かけます。参加費や交通費を払って参加している以上、お客様気分になるのも分かります。そんな方は、一度、大会を支える側として参加してみると、今まで見えていなかったマラソン大会開催の苦労やありがたみが分かるかもしれません。

8年ぶりに手にしたメダル

おかやまマラソンの完走者に贈られた備前焼の特製メダル。紐は真田紐で郷土色豊かです。
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、フルマラソンを完走した私は、久々にメダルをもらいました。完走者全員がもらえるメダルですが、これは私がアイデアを出したもので、備前焼の特製メダルです。紐は真田紐。いずれも岡山の郷土品です。若い陶芸作家さんが総出で1万3000個以上のメダルを焼いてくださいました。どうですか。素敵でしょう?

 参加者の約9割が完走し、約2500人の方が3時間台で走ったというレベルの高い大会となりました。高低差があるのでそこまでタイムは期待していなかったのですが、想像以上に高速コースと言えるのかもしれません。

 秋の深まる岡山の街のロケーションは素晴らしいですし、きびだんごなど岡山のおいしいものもたっぷり味わえます。次回、2016年の開催は11月13日の予定です(2016年3月に正式決定)。ぜひ、「晴れの国おかやま」に走りに来てください!

 (まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。