日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

有森裕子の「Coolランニング」

記録を狙う中上級ランナー必見! 「インターバルトレーニング」のススメ

心肺機能を高め、レース終盤を乗り切る底力を手に入れよう

 有森裕子=元マラソンランナー

五輪マラソンメダリストの有森裕子さんが、トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けする本連載。今回は、中上級ランナーがレベルアップするための練習について解説します。

 秋も深まり、早いもので今年も残すところ2カ月を切りました。マラソンシーズンは今が本番。肌寒くなってきましたので、ケガをしないようにしっかりと体を温めて準備をし、練習後のメンテナンスも忘れずに行ってレースや練習に挑んでください。

 今週末、11月13日(日)は、私も2回目のおかやまマラソンを走る予定です!(でも相変わらず練習ができていません…)。その辺りのお話は次回以降にお伝えすることにして、昨年の様子はバックナンバー「引退後初レースで流した、現役時代とは違う涙」をご覧ください。

 さて、このコラムでは、幅広い方々に読んでいただくため、練習内容については主にランニング初心者に向けてお話をしてきました。今回は、一歩進んで、記録を狙いたい、サブスリー(フルマラソンで3時間を切るランナー)、サブフォー(フルマラソンで4時間を切るランナー)といった中上級者向けのトレーニングのお話をしたいと思います。

タイムを縮めたいなら心肺機能を高める練習は必須

 ランニングクリニックなどでお話をしていると、「どんな練習をしたらタイムが上がりますか?」というご質問を多くいただきます。もちろん、あらゆる要素の強化が必要ですが、そのうちの1つとして、「心肺機能を高める練習は必須だ」とお答えしています。その練習がしっかりできていれば、レース本番では楽に走れますし、苦しくなった時に、自分の能力の“もう一段階上の力”を出しきる練習でもあるので、フルマラソンの35km以降の最も苦しい状況を乗り越えられ、ラストスパートができる。それが自己ベストの更新につながります。

 心肺機能を高めるために最も効果的な練習は、「インターバルトレーニング」です。

マラソン中上級者がぜひ取り入れたいインターバルトレーニングとは?(© ammentorp-123rf)
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について