日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 記録を狙う中上級ランナー必見! 「インターバルトレーニング」のススメ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

記録を狙う中上級ランナー必見! 「インターバルトレーニング」のススメ

心肺機能を高め、レース終盤を乗り切る底力を手に入れよう

 有森裕子=元マラソンランナー

五輪マラソンメダリストの有森裕子さんが、トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けする本連載。今回は、中上級ランナーがレベルアップするための練習について解説します。

 秋も深まり、早いもので今年も残すところ2カ月を切りました。マラソンシーズンは今が本番。肌寒くなってきましたので、ケガをしないようにしっかりと体を温めて準備をし、練習後のメンテナンスも忘れずに行ってレースや練習に挑んでください。

 今週末、11月13日(日)は、私も2回目のおかやまマラソンを走る予定です!(でも相変わらず練習ができていません…)。その辺りのお話は次回以降にお伝えすることにして、昨年の様子はバックナンバー「引退後初レースで流した、現役時代とは違う涙」をご覧ください。

 さて、このコラムでは、幅広い方々に読んでいただくため、練習内容については主にランニング初心者に向けてお話をしてきました。今回は、一歩進んで、記録を狙いたい、サブスリー(フルマラソンで3時間を切るランナー)、サブフォー(フルマラソンで4時間を切るランナー)といった中上級者向けのトレーニングのお話をしたいと思います。

タイムを縮めたいなら心肺機能を高める練習は必須

 ランニングクリニックなどでお話をしていると、「どんな練習をしたらタイムが上がりますか?」というご質問を多くいただきます。もちろん、あらゆる要素の強化が必要ですが、そのうちの1つとして、「心肺機能を高める練習は必須だ」とお答えしています。その練習がしっかりできていれば、レース本番では楽に走れますし、苦しくなった時に、自分の能力の“もう一段階上の力”を出しきる練習でもあるので、フルマラソンの35km以降の最も苦しい状況を乗り越えられ、ラストスパートができる。それが自己ベストの更新につながります。

 心肺機能を高めるために最も効果的な練習は、「インターバルトレーニング」です。

マラソン中上級者がぜひ取り入れたいインターバルトレーニングとは?(© ammentorp-123rf)

1/4 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.