日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

有森裕子の「Coolランニング」

走る目的を見直してみませんか?

気軽な“ながらトレーニング”で体を鍛える

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 秋が深まり、週末になると全国各地でマラソン大会が開催され、多くの市民ランナーで賑わっています。休日に遠出をして、その土地の景色や特産物を楽しみに参加されている方も多いのではないでしょうか。

 一方で、大会に向けて追い込みすぎて足を痛めている方はいませんか? がんばりたい気持ちは分かりますが、「痛みがでたらすぐ練習を止める」。ランニングを長く続けるためにも、このルールをぜひ守ってくださいね。

 さて前回(「こんなランナーにはならないで」)は、ランニングの初心者が陥りがちな〝なんちゃってアスリート”についてご紹介しました。アスリートの練習や走り方などを単純にまねたり、実力以上に追い込み過ぎたりしてケガを負ってしまう人たちのことです。早速、読者から「思い当たる節がある」「参考にしたい」などの感想を頂きました。なかでも、これから大会に参加しようと考えているランニング歴の浅い方々からの反響が大きかったように思います。そこで今回はもう一段掘り下げて、「何のために走るのか」といった走る目的をテーマにしましょう。

 「どうせランニングを始めるなら、長く続けたい」と皆さんは考えていらっしゃると思います。では、そもそも「生涯スポーツ」の目的とは何でしょうか。「やせたい」「仕事を乗り切る体力をつけたい」「健康増進のため」などいろんな目的がありますが、大前提として「健康な体と心を作ること」が挙げられます。にもかかわらず、挫折してしまう人が多いのが現実です。

「笑顔がこぼれるランニングが健康な体と心を作ります」。写真は、「東村つつじマラソン」(2012年3月18日、沖縄県で開催)においてゴールに向かうランナーとハイタッチする1コマ。

 日本人の気質なのか、一度ハマるとストイックにのめり込んでいく人が目立ちます。がんばり過ぎて足を痛めるなど、かえって不健康な体になってしまい、「健全な体と心を作る」といった本来の目的からはほど遠いところで走り続けている人が多いのです。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について