日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 走る目的を見直してみませんか?
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

走る目的を見直してみませんか?

気軽な“ながらトレーニング”で体を鍛える

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 秋が深まり、週末になると全国各地でマラソン大会が開催され、多くの市民ランナーで賑わっています。休日に遠出をして、その土地の景色や特産物を楽しみに参加されている方も多いのではないでしょうか。

 一方で、大会に向けて追い込みすぎて足を痛めている方はいませんか? がんばりたい気持ちは分かりますが、「痛みがでたらすぐ練習を止める」。ランニングを長く続けるためにも、このルールをぜひ守ってくださいね。

 さて前回(「こんなランナーにはならないで」)は、ランニングの初心者が陥りがちな〝なんちゃってアスリート”についてご紹介しました。アスリートの練習や走り方などを単純にまねたり、実力以上に追い込み過ぎたりしてケガを負ってしまう人たちのことです。早速、読者から「思い当たる節がある」「参考にしたい」などの感想を頂きました。なかでも、これから大会に参加しようと考えているランニング歴の浅い方々からの反響が大きかったように思います。そこで今回はもう一段掘り下げて、「何のために走るのか」といった走る目的をテーマにしましょう。

 「どうせランニングを始めるなら、長く続けたい」と皆さんは考えていらっしゃると思います。では、そもそも「生涯スポーツ」の目的とは何でしょうか。「やせたい」「仕事を乗り切る体力をつけたい」「健康増進のため」などいろんな目的がありますが、大前提として「健康な体と心を作ること」が挙げられます。にもかかわらず、挫折してしまう人が多いのが現実です。

「笑顔がこぼれるランニングが健康な体と心を作ります」。写真は、「東村つつじマラソン」(2012年3月18日、沖縄県で開催)においてゴールに向かうランナーとハイタッチする1コマ。

 日本人の気質なのか、一度ハマるとストイックにのめり込んでいく人が目立ちます。がんばり過ぎて足を痛めるなど、かえって不健康な体になってしまい、「健全な体と心を作る」といった本来の目的からはほど遠いところで走り続けている人が多いのです。

1/4 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.