日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 7年ぶりの「脚作り」は 階段&坂道から

メダリストも久しぶりの練習は億劫!?

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 週末になると全国各地でマラソン大会が開催されるようになり、いよいよマラソンシーズンに突入しました。仕事の予定のほかに、大会や練習の予定を手帳にたくさん書き込んでいるランナーの方も多いのではないでしょうか。11倍を超える抽選倍率の東京マラソンに当選し、ドキドキワクワクしながら練習を始めた、という方もいるでしょう。

 友人や職場の仲間と一緒に各地のマラソン大会にエントリーし、晩ご飯はその土地の特産物を堪能している(またはその予定の)方も多いと思います。ランニングを通じて、観光や食事、仲間や家族との団らんの時間をぜひ楽しんでいただきたいです。

11月8日のおかやまマラソンまであと1カ月余り

 かくいう私も、2007年の引退レース以来のフルマラソン出場まで、約1カ月になりました。私の故郷で初開催となる、11月8日の「おかやまマラソン」の準備をお手伝いさせていただき、大会本番は参加ランナーの皆さんと一緒に42.195kmを走ります。

 これまでこのコラムで走り方や練習方法、走るための心得についてお伝えしてきた私も、いざ自分が走るとなると、重たい腰をなかなか上げられないもの…。自宅の近所には走りやすい緑道や、持久力を鍛えられる温水プールもあり、練習するには恵まれた環境にいるにも関わらず、何だか億劫になってしまい、なかなか走り出せませんでした…。練習する以前に“自分との葛藤”で手一杯だったのです(笑)。

 「有森さんは引退後も毎日走り続けているに違いない」と思われている方がいるかもしれませんが、私は普段、走っていません。私にとってのランニングは、趣味ではなく「競技」という意識が今も強いのだと思います。ただ、フルマラソンではなく、10kmなどの短い距離のランニングイベントでは、参加された皆さんと一緒にゆっくりと走ることはあります。それぐらいの持久力と筋力が残っているレベルです。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について