日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

有森裕子の「Coolランニング」

梅雨時こそランナーの“体づくり強化期間”

無理に走らなくてもOK、日常生活で体幹を鍛えよう

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 新緑の気持ちのいい季節は、自然に走りたくなるものですが、梅雨の時期になると一転して、ランナーのモチベーションが下がり気味になります。せっかく3日坊主を脱して、ランニング習慣が根づきはじめても、梅雨という“ハードル”を飛び越えられず、そのままフェードアウトしてしまう人も少なくありません。

 とはいえ、市民ランナーの皆さんはプロではありませんから、「雨天だってレースはある! その予行練習だ!」と自分を鼓舞してまでウインドブレーカーを身にまとい、雨の中を走らなくてもいいと私は思います。ストイックに走りすぎて体調を崩し、仕事や日常生活に支障を来すようでは、本来の目的である“健康ランニング”から逸脱してしまいます。

雨の中をストイックに走る必要はありません。(©Ramon Espelt Gorgozo -123rf)

雨の中を走るよりは補強運動で体づくりを

 では、梅雨の時期はどのようなトレーニングをすればいいでしょうか。例えば、屋根がある陸上競技場の雨天走路や、商店街のアーケードの下など、近所に雨に濡れずに走れるような、安全で恵まれた場所があるならベストですが、なかなかそう都合よくいきません。

 スポーツクラブのトレッドミルを走るという手もありますが、流れるローラーの上と地面を走るのでは、走りの感覚が異なるので、個人的にはあまりお勧めしません。それなら、エアロバイクを1時間ほどこいだ方が、心拍数や持久力を高める練習として効果的だと思います。

 そこで私からの提案ですが、梅雨の時期は“走るための体づくりの期間”と気持ちを切り替えてみたらいかがでしょう。ここでいう「体づくり」とは、腹筋や背筋といった体全体の“補強運動”を指します。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について