日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 マラソン終盤のフォームの崩れを予防する方法

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 マラソン終盤のフォームの崩れを予防する方法

走る練習の前に「走の基本」でフォームを確認しよう

 有森裕子=元マラソンランナー

 新緑の香りがすがすがしく、気候も暖かくなり、走るのがさらに楽しい季節になりました。一方で、ゴールデンウィークが明け、頭がぼんやりとしてなかなか日常に戻れない方も多いと思います。心と体の調子を崩さないためにも、通常のサイクルに戻れるように規則正しい生活を心がけ、気分転換としてランニングを活用しましょう。

 さて今回は、日々のランニング練習やレースの前にぜひ取り入れていただきたい、「走の基本」という基礎ドリルをご紹介したいと思います。これは、走るための正しいフォームや動きを体に覚えさせるための運動です。

 中学や高校の陸上競技(走る種目)の選手は、入部したての時にまず覚えさせられる動きで、走るための基本の動作になります。私も高校の陸上部に入った時に、初めて学びました。

 一般的に「走の基本」は、短距離選手が行うイメージですが(*1)、マラソンランナーでも、このドリルを走る前の習慣にすると、正しい動きを体に覚えさせることができます。何より私自身が、現役中に実践してとても役立ったドリルであり、ランニングを楽しむ多くの方にぜひお勧めしたい運動です。

*1 1980年代に『マック式短距離トレーニング』として、海外の陸上コーチ、ゲラルド・マック氏が広めたドリルで、日本の陸上選手の間でも取り入れられるようになった。
走る前のドリルで、正しいフォームを体に覚えさせよう。(c)Peter Bernik-123RF

毎回「走の基本」を行った方がいい2つの理由

 「走の基本」を行う目的は、大きく2つ挙げられます。1つ目は、「悪いクセが出ることを防ぐ」ことです。悪いクセが出てしまう理由として、身体的な特徴が挙げられます。例えば、私は幼い頃から股関節が硬い上に、左足首の可動域が狭かったため、着地した時に腰が沈むというか、体全体が片側に傾いてしまうクセがありました。

 そのため、前に進むためには、着地した時に沈んだ腰を持ち上げる必要があります。長い距離を走る上で、その無駄な動きは体に負担をかけるだけでなく、ケガもしやすくなります。もちろん、推進力の妨げになるのでスピードも上がりにくくなるでしょう。

 私は、この「走の基本」で腰の高さを安定させることを意識し、同時に股関節や足首の柔軟運動や、筋トレなどを組み合わせていくことで、フォームのバランスの崩れは少なくなっていきました。

1/4 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.