日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子、引退後初のフルマラソンを走ります!
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子、引退後初のフルマラソンを走ります!

三日坊主にならないランニング習慣化のコツ

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 都心では桜のシーズンも終わり、新緑がまぶしい季節になってきました。ゴールデンウイークは、旅先や帰郷先でランニングやウォーキングを楽しもうと思っている読者の方もいるのではないでしょうか。

 前回(「マラソンメダリストが重視する『ウォーキングで脚づくり』」)は、走るためのウォーキングの重要性をご紹介しましたが、今回お話しするのは「ウォーキングからランニングへの移行の仕方」。そして、ランニングを習慣化するために、走ることが楽しくなるような「有森流ランニングコースを選ぶコツ」をご紹介したいと思います。

ランへの移行は「10分走って、10分歩く」のインターバル方式で

 どのような走力レベルであっても、ランニングを始める時は、順を追ってトレーニングすることが大事です。ウォーキングやハイキング、山歩きなどで“脚作り”をしてから、ランニングに少しずつ移行する。この順番こそが故障を防ぎ、ランニングを継続しやすくなるポイントです。今まで運動をしていなかった人がいきなり走り始めると、当然ながら息が上がり、つらい思いしかしませんよね。この「つらさ」が、“三日坊主”を招きます。

 せっかく走り始めても、最初からつらさが先に立ってしまうと、シューズを履くのが億劫になってきます。しかも、6月に入れば“梅雨”という、モチベーションを低下させる大敵が待っています。なるべくつらさを感じずにランニングに移行するために、走るための土台作りは念入りに。そして、最初はウォーキングと組み合わせて、徐々にランへと移行していくことが大事です。

ウォーキングからの移行期は「疲れたら歩き、回復したら走る」が基本。(©maridav-123rf)

 ウォーキングからランニングに移行するときは、最初から30分や60分というまとまった時間を走るのではなく、1時間のうち「10分走って、10分歩く」といったインターバル方式を取り入れるといいでしょう。

 走るスピードは早歩きと同程度か、仲間と談笑できるぐらいの速さでOKです。そのスピードなら呼吸もしっかりできるうえ、体にかかる負荷が小さいため、ランニング初心者でも長時間走れるようになっていきます。疲れては歩き、回復したら走る、というように、速度は上げず、走る時間を延ばしていってください。例えば、30分連続で走ることがつらくなくなってきたら、そのままの速さで、60分、90分と延ばすといいでしょう。

 ウォーキングからランニングに移行すると、運動量が急激に増えますので、脂肪が落ち始めたり、筋肉がついて体が引き締まってきたりと、早い人なら2週間ぐらいで体に変化を感じると思います。そうした変化が目に見えてくるようになれば、走ることがどんどん楽しくなってくるはずです。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.