日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 マラソンがくれたたくさんの “ご縁”

サプライズのバースデーパーティーで思わず涙

 有森裕子=元マラソンランナー

 桜も各地で満開となり、お花見シーズン真っ盛りですね。桜が終わると、いよいよ新緑の季節を迎えます。暖かくなり、体を動かしたくなる人も増えるでしょう。GWをきっかけに走り始めたり、旅先でランニングを楽しんだりする人もいるかもしれません。

 新年度を迎えて、環境が変わった方は、新たな出会いも多いかと思います。人との出会いは、自分の世界を広げ、人生にさまざまな影響を与えてくれます。仕事や学校、地域のつながりだけでなく、マラソンというスポーツも、人生にたくさんの出会いをもたらしてくれる素敵なものです。

マラソンはたくさんの出会いを運んでくれる。(© Wavebreak Media Ltd-123rf)

仕事のはずが…?! 見事にだまされたサプライズパーティー

 話は少し変わりますが、私は昨年の終わりに50歳の誕生日を迎えました。その大きな節目を祝おうと、事務所のスタッフが、私に内緒でサプライズのバースデーパーティーを開いてくれました。

 このサプライズパーティー、100人以上のゲストを巻き込み、周到な計画の下に進んでいたようです。当日私は、スタッフから、ある団体のパーティーにゲストとして参加し、挨拶をする仕事だと説明されていました。用意された資料に目を通しながら、先方(この人も仕掛け人でした!)とも打ち合わせをしっかり行ったので、嘘だと疑う余地はまったくなかったのです。

 ところが、いざ、会場の扉が開いた途端、大音量の音楽とともにスポットライトが私を照らし、その向こうに、黄色のTシャツ(この日のために用意された特製Tシャツだそうです)を着た大勢の人が、一斉にこちらを見て歓声を上げているのが見えました。

 「え? こんなにカジュアルなパーティーだったの?」と怪訝(けげん)に思いながら、そこにいる人たちの顔をよく見ると、最初に目に入ってきたのが、大学時代の友人でした。

 「え? なぜあなたがここにいるの?」。私はまだ、状況が飲み込めません。やっと、仕事のパーティーというのは偽の設定で、これは自分のバースデーパーティーなんだと分かったときには、ただただ、驚きとうれしさで胸が一杯になりました。

状況をようやく理解し、呆然とする私。
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について