日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 ランニングブームの「曲がり角」を考える

大会の運営体制やスター選手育成戦略の見直しを

 有森裕子=元マラソンランナー

 立春を過ぎてもまだまだ寒い日々が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。ケガをしやすい時期ですから、防寒グッズを活用し、準備運動やストレッチをしっかり行いましょう。また、路面が凍結している日は無理して走ろうとせず、体幹を鍛える補強トレーニングに変更するなど、臨機応変に取り組んでくださいね。

 さて、今回のお題は「日本のランニングブームの曲がり角について」。少し前から、「日本のマラソン人気に陰り」「ランニングブームは去った」といった声が聞かれるようになりました。今日はこのことについて少し考えてみたいと思います。

マラソン大会の数は飽和状態。高い人気を誇る大会がある一方で、参加者の減少に悩む大会も…。(C)anoyo-123rf

東京マラソンがブームに火をつけ、大会も急増

 皆さんもご存じの通り、東京マラソンが始まった2007年ごろからこの10年間で、首都圏を中心に大きなランニングブームが起こりました。皇居周辺の歩道はランナーで賑わい、ランニング人口は1000万人を超えるといわれた時期もありました。今年2月25日に開催を控えた「東京マラソン2018」の抽選倍率(マラソン一般の部)は、実に12倍を超え、参加費が1万円以上もするフルマラソンに何十万人ものランナーがエントリーする時代になりました。

 全国の自治体も、このランニングブームにあやかり、観光客誘致の一環や地方活性化、あるいは住民同士の交流の機会になればとの思いから、次々とマラソン大会を開催するようになりました。ランナーのためのポータルサイト「ランネット」を運営するランナーズホールディングス(東京都渋谷区)によれば、2016年度に開催された国内のフルマラソン大会の数は79。東京マラソンが始まった2006年度の50大会から、11年間で29大会も増えていることになります。マラソンシーズンともなると、全国各地のどの大会に申し込もうか、迷ってしまう方も多いと思います。

 そんな中、いくつかのマラソン大会では異変が生じ始めているようです。昨年、日本経済新聞に掲載された記事(2017年2月13日付「ランナー置き去り 市民マラソン、バブル崩壊」)は、全国各地のマラソン大会で、「参加人数の低迷により開催を中止」「運営上の混乱でランナーから苦情が殺到」などの“異変”が相次ぎ、「供給過剰のひずみ」が出始めていると報じています。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について